人気ブログランキング |

チーム・メチエがいろんなことを書き綴ります


by t-metier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

横浜・日本大通り

先日、久しぶりに横浜の日本大通りに行ってきました。
横浜はどこか西洋の文化が漂う町。
建物も古いものを大切にしながら、でも新しいものもドンドン取り入れていく。東京とは違った古いものと新しいものとが混在している町ですよね。

まずは、みなとみらい線で日本大通り駅へ。
みなとみらい線は値段が高いのが難点ですね。
でも駅から地上に向う地下道には、
ありました、ありました。
壁画です。


横浜・日本大通り_c0129404_225458100.jpg


横浜・日本大通り_c0129404_23325148.jpg
横浜・日本大通り_c0129404_23323387.jpg
横浜・日本大通り_c0129404_23321577.jpg

日本大通りから近い大桟橋や赤レンガ倉庫、みなとみらいが遠くに見える画、県庁や開港記念館など描かれている画などがあります。

また、ビルからでる出口もおしゃれです。
横浜・日本大通り_c0129404_22572055.jpg


それから、横浜港郵便局にはかわいいポストが!!!
こんなのは見たことない!!!
横浜・日本大通り_c0129404_22574158.jpg


なんとなく、いたるところにこだわりを感じる町です。

文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

by t-metier | 2009-10-06 23:00 | 街角アート

ミロとスペイン巨匠展

現在、新宿伊勢丹で『~詩情と幻想のハーモニー~ミロとスペイン巨匠展』が5階アートギャラリーで行われています。
巨匠というのは、ミロ、ダリ、ピカソの三名。そのあまりにも有名な巨匠たちのオリジナル版画を一堂に集めて展示販売を行っています。
何気に歩いていたら気になったので入ってみたのですが、でもやはり引き寄せられるだけの迫力がありました。
色、線、どれを見ても興味をそそられます。
銅版画なので、目玉が飛び出るほどの金額ではありませんが、でも簡単に買えるような値段ではありません。
でも、店員の方が親切で今回オークションで落としたという昔出された版画集なるものをケースから出して見せてくれました。昔は、絵はお金持ちだけが購入できるものだったけれど、それを一般の方たちにも楽しんでほしいということで、版画を本のようにして売り出したそうです。その後、一枚一枚がばらばらの形でオークションに出てくることはあっても、本の箱までついて出されたのは珍しいということで、とても貴重なものを丁寧に説明つきで見せてくださいました。
残念ながら、明日までなのですが、とても貴重なものも見られますので、お近くの方はどうぞ。
最終日は16:30までだそうですので、お早めに。
ミロとスペイン巨匠展_c0129404_18164255.jpg

文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

by t-metier | 2008-09-08 18:18 | アート

元永定正展

現在、新宿高島屋で行われている元永定正展に行ってきました。
会場は10階にある美術画廊ですので、入場料はありません。かかっている絵などは全て商品ですが、もちろん見せていただけるし特に声を掛けてくる方もいらっしゃらないので、ゆっくりと落ち着いて見ていられます。
元永先生は抽象画ですが、とてもわかりやすく何より色が魅力的です。ポストカードを見ていただければわかるように、楽しさも伝わってくる作品でした。
1月22日(火)まで開催しています。
元永定正展_c0129404_1752245.jpg
元永定正展_c0129404_17524341.jpg

新宿高島屋http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/
文 : 美梢

竹中麗湖&チーム・メチエ http://www.t-metier.com
by t-metier | 2008-01-15 17:54 | アート

ル・コルビュジェ展

今日あたりから、夏休みに入ったところが多かったんですね。朝からニュースで渋滞情報が流れていました。
さて、今日は六本木ヒルズで行われている
「ル・コルビュジェ展」をご紹介します。
花をやっている人がなぜ、建築家に興味があるのか。
それは、切っても切り離せないくらい関係が深いから。
建物が変われば花も変化していくのです。住空間、公共空間、すべて私たちと関係の深い場所なのです。


ル・コルビュジェ展_c0129404_2154822.gif

この方は建築家でもあり画家でもあった方。何でも、午前中は絵を描き、午後に建築の仕事をしていたとか。。。今回の展示物は建築関係だけではなく、絵画や家具、自動車に至るまで多岐にわたっています。また、アトリエやアパートメントの一室などは実寸大で再現されていて実際に体験することが出来ます。素材感などはまあ、仕方ないとして、でも楽しめます。それと、あちこちに映像が用意されていて、部屋からの光や影を時間で表した映像などとても楽しめます。
この展示を見るとこの方がいかに現代建築の先駆けであったかがよくわかります。ユニットというものもこの方が作ったらしい。。。
思っていたより、混雑していて見ごたえもあるので、ゆっくり楽しめるようにたっぷりの時間を用意してお出かけください。
                                               文:美梢
ル・コルビュジェ展www.mori.art.museum
竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

by t-metier | 2007-08-10 23:26 | アート