人気ブログランキング |

チーム・メチエがいろんなことを書き綴ります


by t-metier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

節分

今日は節分です。
では節分とはどんな意味があって節句のひとつをして数えられているのでしょうか?
節分とは、古くは立春、立夏、立秋、立冬と季節の変わり目をさしていたそうですが、現在では一般的に立春の前日を言うようになりました。
でも、なぜ立春の前日を特に節分というようになったのでしょう?
それは、立春が一年の初めとされ、その前日が大晦日と同じように考えられていたからだそうです。
冬から春に変わる日で、この日には臭みのある魚の頭やとげのある木枝を門口に挿し(特に鰯の頭と柊らしい)、年男が「福は内、鬼は外」といって種まきをするところが多いそうです。
鬼、すなわち禍をはらって春を迎えるようにとするというもの。
通常は炒った豆をまいていますが(私も小さい頃よくまきました)、地方によっては落花生をまくところもあるとか。所変わればで面白いですね。
まいた豆を自分の年の数または+1だけ食べると無病息災と言われています。+1というのは、昔は正月に年を取るとされていたので、数え年だけ食べるということですね。
また、最近は大阪から広がった恵方巻きも節分の行事になりつつあります。福を巻き込む、福を切らないという意味があり、恵方を向いて太巻きを一言もしゃべらずに丸かじりすると、一年健康でいられると言われているようです。
今年の恵方は、南南東の方角らしい。。。です。?

文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエ http://www.t-metier.com
by t-metier | 2008-02-03 02:38 | 歳時記
前回のお話の続き・・・重陽の節句は、菊をいけて愛でる節句
として平安時代には、宮中の行事としても大事にされ、枕草子や
源氏物語といった当時の文芸作品には、貴族が、菊を愛でる作品
がいきいきと描かれているそうです。

旧暦の9月9日は、現在では、10月あたりのこと、露地に菊の花が
咲くのは、もう少しあとの頃になります。
この自然の中で風にゆられ、雨露にも負けず、本来の菊の風情を
とらえて、私達は、「みだれ菊」と呼んでいますが、この「みだれ菊」!
いけばな人からすると、この「みだれ菊」1種類でいけるのは、
かなり粋ないけかたといえます。

ここで、竹中麗湖氏の菊の作品で紹介しましょう!
この作品は、今年春にブティック社から発売された
「暮らしを彩る花を生ける」のP.67に
掲載されているものになりますが、
いけばな初心者でもわかりやすいように、
かなり細かく、丁寧ないけかたの解説が付いています。
重陽の節句 ―菊をいける!編_c0129404_161313100.jpg

みだれ菊の線の美しさをいかした
趣のあるいけばなを是非試してみてください。

でも最近は、露地咲きの菊を探す方が大変かもしれませんね・・・・。
文: S.O

(写真はブティック社から許可を得て掲載しています)

竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

by t-metier | 2007-09-08 16:20 | 歳時記

重陽の節句(9月9日)


空がすっかり高くなり、秋めいてきましたね。
9月9日は、重陽の節句です。
中国では、古い時代からこの日に秋の菊を愛でる「菊花の宴」
を催して、日本でも「菊の節句」とも呼ばれ、菊花の露で
邪気を払ったり、菊酒を楽しんだりしていたようですね。
さていまどきの菊の花事情をちょっと語りましょう。
最近では、花色や咲き方ともに新種や輸入ものの花も増えて、
秋の庭にひっそり咲いている菊のイメージは、
もはや花屋さんではみられないかもしれません!

*アナスタシア
少量でも格調高く、モダンさや華やかさを演出
重陽の節句(9月9日)_c0129404_12115925.jpg重陽の節句(9月9日)_c0129404_12123023.jpg


*ピンポンマム
丸くて可愛らしい形をいかして、マッスにしても特徴的
重陽の節句(9月9日)_c0129404_12165017.jpg
重陽の節句(9月9日)_c0129404_12183687.jpg


*スプレーマム
ひとえ咲きやスパイダー咲きなどいろんな種類のスプレーマムは、
やさしい小花の印象を大事に、可憐さを演出

重陽の節句(9月9日)_c0129404_12212725.jpg重陽の節句(9月9日)_c0129404_12221821.jpg


まだまだいろんな種類の菊があるので、
花屋さんでお気に入りの菊の花をさがして、
重陽の節句に菊を愛でる!
今年は、ちょっとモダンな重陽の節句にしてみませんか?
文: S.O.
竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

by t-metier | 2007-09-07 12:24 | 歳時記