チーム・メチエがいろんなことを書き綴ります


by t-metier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

旧岩崎邸

先日、旧岩崎邸に行ってきました。
今、NHKの大河ドラマ「龍馬伝」を放送している関係で、岩崎弥太郎氏にも脚光があたっているらしく、すごい人でした。
でも一代で財を築いた方。さすがですと言いながらため息が出るくらい贅をこらしているお屋敷でした。
西洋風の館と純和風の館があって、また広い庭。庭はそれでもだいぶ小さくなっているらしいのでもっとすごかったのかと。。。
今の財をなしている方たちとはお金の使い方が違う気がするのは私だけだろうか。。。
c0129404_2127717.jpg
c0129404_21272778.jpg
c0129404_21275039.jpg
c0129404_2128896.jpg
c0129404_21282452.jpg
c0129404_21283972.jpg

この季節、芍薬がとてもきれいでした。
文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2010-05-16 21:30 | 旅行

三内円山遺跡と植物たち

青森の三内円山遺跡の巨大六本柱!この遺跡の中で最も古代の人の叡智を感じる
場所で、縄文時代にこの柱の3本向き合って並ぶ方位と、夏至、冬至の日の出、
日の入りとの方角が一致していることから、自然に対しての大いなる畏敬の念を
縄文人は、抱いていたことが伺えるスピリチュアルな聖域。
c0129404_07327.jpg

この巨大柱が天にすくっと立ち上がること―
テーブルウェアー展でのある表現が三内円山遺跡の六本柱と
結びついた様子の竹中麗湖―
この柱は、クリの木でできていたそうで、この時代の雑木林の主力は、
クリで、集落の大半もクリの木を使用されていたとか。
集落の近くには、今でいう里山が広がっていたらしい・・・・
縄文時代の人たちは、自然とほどよい距離感で生活して、
自然から豊かな恵みをいただいていたことが、今回の旅で大きく感じた
ことになったようです。

また当時は、ウルシの植物も自生しており、この縄文時代に
すでに焼き物に漆を塗ったものも存在していたとか!?
焼き物の段階で、少しひびが入っているものでも、この漆を塗ったものは、
もれることなく使用ができたことからだそうで、
縄文文化の知恵には、頭が下がりますね。
文 : S.O.
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-11-22 00:08 | その他

渋谷・宇田川町

渋谷という町はいつもゴチャゴチャしていておもしろい町です。
若者の町というイメージが強い町ですが、いろんな年代の人たちがこの町にやってきます。
歩いていると本当にいろんなものを吸収し、排出している感じがします。
そんな中で、町を守ってくれているおまわりさんたちのいるところ。
そう、交番。
以外と交番ておもしろい形をしているものが多いんですよね。
ここ、宇田川町の交番もそんな中のひとつです。
丸く両側が空いているところは当然窓ですが、目に見えませんか?
空の上から見るときっと変形雫型といったところなんでしょうが、前に突き出たとがったところは私には鼻に見えます。おまわりさんたちが普段立っているところ、ドアのあるところは口といったところでしょうか?
おもしろい形をしていますよね。
丸く空いたところからは、横から見てみると障子らしきものが見えるのでもしかしたら2階は和室かも?
なんて、イロイロ想像したりして?
c0129404_3191011.jpg


文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-10-10 03:23 | 街角アート

新宿三丁目

町にはおもしろいものが溢れている、をコンセプトに始めました街角アート。
9月に新しくした新宿マルイ本館は今人がドンドン入っていきます。
そんなマルイの前にはファッション最先端をいっている伊勢丹があります。
この二つを見比べてみるとおもしろい。
新しくできたばかりのマルイは、店内は今を意識したエコ、あちこちに観葉植物を配置して憩いを意識して作っているようです。外観も出来立てという感じで、外壁も窓の配置もとてもおしゃれ。
白を基調に現代的なファッションビルという感じ。
それに対して、伊勢丹は昭和初期からのアールデコ調でこれまた、時代を感じさせてくれて新宿の顔となっています。伊勢丹のウィンドウは最先端をいってることは有名でこのウィンドウと建物の古さとのマッチ具合もおもしろいですよね。

c0129404_2232194.jpg
c0129404_2235319.jpg

でも、同じ場所でも地下にもぐるとまた違った顔が見えてきました。
お互いに時代の先端をいった地下道を意識して作っていると思うんですが、伊勢丹の方はワインボトルを配置したり、幾何学模様を配置していたりしていて人工物を徹底している感じがします。
ところが、マルイのほうは古木や錆びた鉄板(?)、塗り壁(?)や大理石(?)などが配置され温かみを感じさせる雰囲気をかもし出しています。特に塗り壁(?)のグラデーションには魅力を感じます。
c0129404_2244065.jpg
c0129404_225511.jpg

c0129404_2251467.jpgc0129404_226115.jpg

町を歩くときいつもと違った目線で歩いてみると以外におもしろいですね。
文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-10-04 02:31 | 街角アート

アユタヤ遺跡

タイのアユタヤには遺跡がたくさんあります。ここは仏教遺跡が多く残っていてタイ中部の古都だそうです。
やはり歴史を感じさせてくれる場所でした。現在は世界遺産にもなっています。
アユタヤ王朝が開かれたのは1350年で以降35代417年に渡って繁栄したようです。
商業や文化の中心地になり、寺院や仏像も多く作られましたが、1767年ビルマ軍との戦いに負け、占領され、王朝は終わりました。

c0129404_21595483.jpg
そのときに多くの仏像が破壊され、今でも頭のない仏像がたくさんあります。破壊されたまま残されているんですよね。やはり、その姿はショックです。
その中でも、歴史を感じさせるのが菩提樹の木に覆われた仏の頭です。
木と一体になっていて、時の流れを感じさせます。

c0129404_0849100.jpg


文 : 美梢

竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-07-27 00:14 | 旅行

バンパイン宮殿―タイ―

タイに行った6月は雨期の季節。
昼間はとてもいい天気ですが、夕方頃に生暖かい空気が流れてきて風が出てきたと思ったら、すごいスコールが降ります。
でも、この日も朝からとてもいい天気でした。
バンパイン宮殿。アユタヤから20kmくらいのところにあります。
c0129404_2381124.jpg
c0129404_2393357.jpg
アユタヤ王朝26代プラサート・トン王が1623年に建て、歴代王の夏の離宮として使っていたそうです。
現在は王族の別荘で、迎賓館として使われているそうです。
庭には庭師さんが象を模った植木がありました。大小あり、親子の象を表しているのでしょう。
なんともほほえましい感じがとてもいいです。
タイでは、迎賓館も普段は公開していて、使用されるときに突然非公開になって入れなくなるときがあるとのこと。でもいいですよね。とても手入れの行き届いた庭や建築物が日常的に見られるのですから。
うらやましく思います。

文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-07-18 23:13 | 旅行

タイ―エメラルド寺院―

ワット・プラケオ&王宮です。
別名『エメラルド寺院』と呼ばれています。
タイは晴れる確立が高く、やはりこの青空に映えるように建物も建てているのではないかと思います。
ここは、パンツスタイルならくるぶしの隠れるもの、スカートも膝が隠れるもの、また身体の線も出過ぎないものを着用したほうがいいそうです。
それができていない服装で来た場合は、入る前に女性なら巻きスカートのようなものを貸してくれるところもあります。
さすが歴代の王が増改築をしただけあって豪華です。手が紺で込んでいます。
現在のタイの国王は9代目だそうです。
c0129404_23531643.jpg


文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-06-30 23:56 | 旅行

タイへ行ってきました

梅雨でジメジメした日が続いています。
でも、雨の日は紫陽花がとてもきれい。晴れた日に見るより雨の中の紫陽花はやっぱり、色が際立ちます。

久しぶりにメチエのメンバー3人旅行に行ってきました。
行き先はタイのバンコク。
なぜタイかって?安かったから。それだけです。
安さを基準に選んだ旅行です。

まずは暁の寺、ワット・アルン。
c0129404_20183992.jpg


本当に巨大な仏塔です。
塔は階段で登れるようになっていますが、3段階に分かれていて階段もだんだんきつくなっていきます。
一番下からは普通に登れますが、次の階段は少し急。ここからの眺めもきれいです。透けるような青い空と町並みや川など十分に楽しめます。
また、建物自体がとても細かい細工がされているので装飾を見ているだけでも楽しいところです。
一番上の階段はちょっとすごい。下りるときはほとんど腰掛けながら下りてくる感じです。
c0129404_20191771.jpg


でも、やっぱり上からの眺めはかんばって上がるだけの価値アリ!!!
文 : 美梢

竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-06-24 20:21 | 旅行
先日、渉成園の中の一部をご紹介しましたが、まだまだいいところはたくさんありました。

c0129404_23323672.jpg

細かい飾りが素敵です。
c0129404_2333528.jpg

カーブを出すために木材を寄せて寄せて寄せて・・・細かい作業です。
c0129404_23331911.jpg

切り株ですが、根が地面の上に出ていてそこに苔が。自然のものもまた素敵なオブジェみたい。。。

文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2008-06-16 23:37 | 旅行
先日、大阪に用事があったので、ちょっと寄り道をして京都に行きましょうということになりました。
前の日に行って、京都見物です。現在、源氏物語1000年のイベントをやっているらしい。
そんなことで、源氏物語にちなんだ所もちょっと行ってみたいということで、渉成園に行ってきました。ここは東本願寺の別邸だそう。
入ったとたんに私たちは、自分たちの選択が間違っていないことに気づきました。
見るものひとつひとつに感動!!といった感じです。
c0129404_1293950.jpg

石垣には、特に感激しました。
また、歩道にも瓦が埋め込まれていたりしてあちこちに遊び心が感じられます。
c0129404_1321990.jpgc0129404_1323727.jpg


立ち枯れの木もそのままになっていますが、思わず立ち止まって見入ってしまいます。
c0129404_1341121.jpg

文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2008-06-11 01:42 | 旅行