チーム・メチエがいろんなことを書き綴ります


by t-metier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タグ:ファッション ( 5 ) タグの人気記事

銀座名店会のお知らせ

今年も参加することになりました「銀座名店会」。
チーム・メチエからは2グループが参加。
大泉麗仁グループはロイズ・クレヨンを中村美梢グループはジュエリーミワの店舗を彩ります。
参加者は
大泉麗仁グループ 麗光、やまぐちとくえ、モランジュ柳霞、渡辺珠菜
中村グループ クリヴィリ丈古、小林春唱、長澤麗紫、森田麗遊、渡辺真澄
c0129404_1232581.jpg

竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2012-08-19 01:23 | チーム・メチエ

ユニクロのCM見ました?

今、流れているユニクロのCM見た方いらっしゃますか?だいぶ前から流れているのですが。。。
どんなCMかって?
ユニクロ フリース2009のCM、華道家が出ているCMです!
草土出版http://www.sodo.co.jp/flower_book.html発行の『Sense of Solid フラワーアーティストの花と造形』にも掲載されているキムラタカシが花をいけ、出演まで果たしているんです!!!
なかなかイケメンにうつっているでしょ?
ユニクロのサイトhttp://store.uniqlo.com/jp/store/feature/fleece/l3men/にも登場しています。ぜひ、ご覧ください。
文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-11-15 01:53 | チーム・メチエ
表参道にある伊勢半本店 紅ミュージアムで行われています「甦る江戸の化粧道具―得板紅」を見に行ってきました。
江戸時代にも現代と同じように携帯用の紅入れ容器「板紅」というものがあったそう。大きさは5cm位で2つ折りのものや薄い箱型のものが一般的だったようです。
これらには、漆絵や蒔絵、象嵌などで装飾されていて、一点ものとして制作されていたものもあったようです。
ここでは、輪島・金沢の漆工芸家の方が新たに現代に甦らせた板紅を展示しています。
漆の特徴的な作品から現代的なものまでいろいろ揃っています。
本当に漆の美しさを感じ、またこんな小さいものに日本の伝統工芸がここに集約している感じですごさを感じます。また、参考商品にあった蝶の形をした作品は目を見張るものがありました。
7月初旬頃には販売会もあるそうで、ちょっと楽しみです。(といっても高くて手が出そうもありませんが)入場は無料です。
伊勢半本店http://www.isehan.co.jp

c0129404_19113459.jpg
c0129404_1912086.jpg

文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2008-05-19 19:16 | アート

ひびのこづえの品品

水戸芸術館で開催されている、「ひびのこづえの品品」を観てきました!
コスチューム・アーティストとして活躍しているひびのこづえさんが、今回は、テーブル・椅子・ベット・ラックや絨毯など「家具」にまつわる商品が、まるで絵本から飛び出してきたかのように、こづえワールドを彩っていました。
オープニング記念にダンス・パーフォーマンスがあり、近藤良平さんの七変化ならぬ、こづえさんデザインのノースフェイスのバッグが衣服に変わる商品を十二分にまといながら、自由自在に風をおこしながら舞っていく動きに釘付けになり、笑いとテンポのいい展開に、ほれぼれしました。
こづえさんの作品は、私のイマジネーションを遥かに超える豊な色彩感、ちょっと触りたくなる素材感、そして今にも動き出しそうな造形的なフォルムと、どれもこれも見ていてわくわくするものばかり!そしてその中でも、彼女の描く線がとても優しい線だということ、それが何よりも魅力だと思います。植物を描く線や、コスチュームの原画となる線のタッチにも注目してみてください。
10月14日まで開催していますよ。
私の大好きなアーティストさんの一人です。
文:O.S
c0129404_130892.jpg

竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com
[PR]
by t-metier | 2007-08-22 13:03 | アート
今日は、国立新美術館企画展示室2Eで行われている企画展をご紹介します。
私たちは、6月6日初日に見に行きました。
なんとも、建築とファッションを結びつけるなんて面白いと思いませんか?
また、実際見てみると面白い!!!
たとえば、イスのカバーが洋服になってしまったり、テーブルがスカートになってしまったり・・・
Yシャツがなぜ?どうしたらこんな風に?って思わせるくらいにいろんな風にたたまれていて、それがまた魅力的なんです。たたみ方1つでYシャツが様々な形状に変化する。これはびっくりです。

ロサンゼルス現代美術館(MOCA)で開催されたものを、国立新美術館が日本向けにアレンジしたものだそうなので見やすくなっているし、日本人の世界での活躍もよくわかる展示になっています。
8月13日(月)までなので、お早めに!!!
                                     文: 美梢
c0129404_0173875.jpg

1980年代以降の建築とファッションwww.nact.jp/exhibition_special/2007/skin_and_bones/index.html
竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

[PR]
by t-metier | 2007-08-05 09:32 | アート