チーム・メチエがいろんなことを書き綴ります


by t-metier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
6月29日にニコンプラザ銀座にて、竹中師範実演による「花のいけかた教室」とカメラマン・関谷氏による「花の撮り方教室」が開催され、ニコンデジタル一眼レフカメラ「D40」を使用しての撮影体験が行なわれました。c0129404_12591889.jpg
まずは華麗なるデモンストレーションで、お客様の視線を釘付けにしました!その後お一人一台のカメラを用意していただき、関谷氏の「先生の作品を、今度は自分自身の目をとおして、レンズから見る!」という講義を受け、あらゆる視点から自分のフレームに写すことを試みました。撮影されたものの中から、お気に入りの一枚をプリントアウトして、何気なく写していた被写体が、カメラの撮り方によってここまで違うことにびっくりし、「おもしろい写真になった!」、「今までと違う目線で写してみました!」などの感嘆の声や、「光がここまで影響してくるとは・・」などと、光によって変化する花の表情をとらえた喜びを体験しました。一眼レフの魅力を最大限引き出すセミナーで終始しました。
c0129404_12595374.jpg


             写真は、実際に撮影体験された方のものです。
(文、写真は全て許可を得て掲載しています)
                                       文:S.O.
竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

[PR]
# by t-metier | 2007-08-08 13:03 | イベント
6月24日信州国際音楽村にて「響・あなたへ」音・言葉・いけばなによる公演が行なわれました。竹で舞台美術を担当したのは、上田のチーム・メチエ!パーカッション奏者の永田さんが、この竹のインスタレーションを楽器として即興的に演奏し、竹から派生する様々な音で幻想的な世界を作り上げていました。
朗読の初鹿さんによる竹取物語は、竹にまつわる現代詩もとりいれながら、会場内に響きわたる言霊となり、イマジネーションの世界へ誘いました。
途中、竹中麗湖が登場し、8m近くの竹を真二つ裂くパフォーマンスは割れる音と共に、いままでの幽玄な舞台の流れに、一瞬で時空を超えた表現となりました!
会場は満員のお客様でうめつくされ、音、言葉、いけばなとの融合を竹でつなぐ、新たな可能性を感じる舞台との好評も多く聞かれました。
c0129404_1350037.jpg


c0129404_13501846.jpg


また会場の入口、芝生広場には、東京のチーム・メチエの参加で環境に会う竹のインスタレーションとして、力強く優しい作品がお迎え花となりました。
c0129404_13503248.jpg


c0129404_13504786.jpg


雨の中を足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。
(写真や文はすべて許可を得て掲載しています)
                                       文:S.O.
竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

[PR]
# by t-metier | 2007-08-07 14:00 | イベント
今日は、国立新美術館企画展示室2Eで行われている企画展をご紹介します。
私たちは、6月6日初日に見に行きました。
なんとも、建築とファッションを結びつけるなんて面白いと思いませんか?
また、実際見てみると面白い!!!
たとえば、イスのカバーが洋服になってしまったり、テーブルがスカートになってしまったり・・・
Yシャツがなぜ?どうしたらこんな風に?って思わせるくらいにいろんな風にたたまれていて、それがまた魅力的なんです。たたみ方1つでYシャツが様々な形状に変化する。これはびっくりです。

ロサンゼルス現代美術館(MOCA)で開催されたものを、国立新美術館が日本向けにアレンジしたものだそうなので見やすくなっているし、日本人の世界での活躍もよくわかる展示になっています。
8月13日(月)までなので、お早めに!!!
                                     文: 美梢
c0129404_0173875.jpg

1980年代以降の建築とファッションwww.nact.jp/exhibition_special/2007/skin_and_bones/index.html
竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

[PR]
# by t-metier | 2007-08-05 09:32 | アート
c0129404_22482364.jpg

今日は、花器のご紹介です。
これは6月28日にNikon銀座店であった’花をいける花を撮る’撮影体験教室の際に竹中麗湖が使用した花器です。
この教室は、午前、午後、夜の3回行われました。
竹中麗湖がまず5作品のデモストレーションを行って、その後にプロのカメラマンがNikonD40という一眼レフカメラの説明を行う。その後に実際撮影体験をしてみるという体験型教室でした。この話はまた後日詳しく報告したいと思っています。

これはBo Conceptというインテリアショップにあった器とメタルリングボールです。体験教室の際には、器の中にワイヤーを丸めて入れて花留めにし、ワイヤーの端はメタルリングボールに留めました。このようにすると器とメタルリングボールが一体化され、器も動かなくなり、器の中にはワイヤーが入っているので花も留まりやすくなります。アイディア次第でちょっとおしゃれな花器になりますね。
Bo Conceptは全国に展開しているインテリアショップなので、探してみては?
ちなみに器は1,300円、メタルリングボールは1,600円~。
                                      文:美梢
Bo Concept www.boconcept.co.jp
竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

[PR]
# by t-metier | 2007-08-03 09:30 | 花器紹介

Web magazine Start!

はじめまして!!!竹中麗湖&チーム・メチエです。
といってもピンとこない方も多いはず。
竹中麗湖はいけばな造形作家、植物を使った空間アーティスト、またガラス作家でもある人。
チーム・メチエは竹中麗湖を中心とした植物を使った制作集団のこと。メチエはフランス語で職人とか専門職とかいう意味があるんです。
竹中麗湖の本が書店で売り出されているので、最近出版された本2冊をご紹介します。この他にも出ていますが、この2冊の表紙からだけでも、竹中麗湖をイメージ出来る・・・?
また、今年の3月下旬にオープンした東京ミッドタウンでも1ヶ月間、地下鉄連絡通路にある50Mのウィンドウで竹のインスタレーションをしていたので、ご記憶のある方もいらっしゃるかも知れないね。大江戸線のミッドタウン側改札からでた正面にある滝のところにも、ガラス花器に生けた生花がありました。
これが私たちのお仕事なんです。
この、Web magazineでは、そんなチーム・メチエの作品やお仕事、また花器の紹介やお店など私たちが興味を持ったことについてモロモロ書きつづっていきたいと思っていま~す。
では、今日はここまで。また次回に~
                                     文:美梢


c0129404_20205420.jpgc0129404_2021894.jpg


竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

[PR]
# by t-metier | 2007-08-02 09:18 | チーム・メチエ