チーム・メチエがいろんなことを書き綴ります


by t-metier
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

第41回銀座名店会

今年も帝国ホテルで行われた銀座名店会にチーム・メチエで花を活けさせていただきました。
場所は会場内の中でもジュエリーmiwaと紳士・婦人服飾花菱との間にあるスペースでした。
とても好評で、ジュエリーmiwaの方からお声を掛けていただきました。
また遠い所から見に行ってくださった方が久しぶりに連絡をくださいました。
ありがたいことです。
c0129404_231374.jpg

今回は、帝国ホテルという日本でも超一流の場所また銀座名店会という伝統のある会ということもあり、前回同様、格式と品格を重んじてデッサンを決めました。
また、ホテルの宴会場ということもあり天井の高いところ、会の方からの要望もあり2m50cmを越す高さの作品となりました。

文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-08-24 23:16 | ディスプレイ

色々やります

今年の夏は、早く秋が来るのか朝晩は涼しい風が吹いていますね。

今年もチーム・メチエは銀座名店会http://www.ginza-meitenkai.com/index.htmlに花を活けることになりました。
場所は帝国ホテル本館2F。期間は8月20日~22日。場所は宝石・貴金属の店miwaと紳士・婦人服飾銀座花菱の間の公共スペース。ぜひ、いらしてください。
c0129404_1553877.jpg



また、9月9日~30日までは柏高島屋で行われる『新館1st Anniversary Autumn Festa ~ 彩IRODORI ~』にやまぐちとくえがディスプレイすることになりました。場所は柏高島屋ステーションモールhttp://www.stemo.jp/index1.shtmlになります。
こちらもぜひ、いらしてください。

文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-08-19 02:11 | イベント
ちょっと前になりますが。。。
女性新聞にいけばな評論家 石田敦士先生により『Sense of Solid 新進気鋭 フラワーアーティストの花と造形』(草土出版http://www.sodo.co.jp/)の批評が記載されました。
c0129404_21583718.jpg

ありがとうございました。
文 : 美梢

竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-08-18 22:00 |
今年も行ってきました。上毛高原。
毎年恒例のガラス花器を制作をするため、今年も上越クリスタルhttp://www.vidro-park.jp/に伺いました。
この日も丸一日お世話になります。

職人さんたちは、必ず長袖に長いパンツスタイルで仕事をしています。そして、とてもたくさん水分を取ります。
作業場は常に火を使うところ。危険と隣り合わせです。だから、必ず身を被う格好をしているのです。水分を取るのは、熱中症などを防ぐため。本当に暑いんです。もちろん、私たちもいけ込みのときに着るような作業着で臨みます。(もっともいけこみのときは基本的に黒などを着ますが。。。)
c0129404_22503684.jpg
前にもガラス花器制作については書きましたので(カテゴリ ガラスをご覧ください)詳しいことは省きますが、やはり一番重要なのはデッサンに基づいて作っていただく職人さんといかにイメージを一致させるかだと思います。
ちょっとしたズレが作品全体に影響していきます。
でも、全ては説明仕切れなかった自分の責任。
しかし今回もみんな満足できる一日になったと思います。
それぞれの個性が詰まった作品ができたのではないでしょうか。

c0129404_22544456.jpg
このガラス花器をほとんどの人が秋ごろ行う写真撮影に使用します。
そして、普段はポストカードなどにして各個人で使用していますが、7月に草土出版http://www.sodo.co.jp/から発売された『Sense of Solid フラワーアーティストの花と造形』のように作品として発表することもあるのです。市販の花器も素敵だけれど、自分でデザインした花器は自分自身ですので、当然そこに花をいければ作品全てが自分自身になります。だからこそ独特の力が宿るのかもしれません。おもしろいですね。


上越クリスタルの皆様、一日ありがとうございました。
また、来年よろしくお願いします!!!
文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエhttp://www.t-metier.com
直接コンタクトを取りたい方はContuct us

[PR]
by t-metier | 2009-08-02 22:57 | ガラス