チーム・メチエがいろんなことを書き綴ります


by t-metier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

前にもお知らせいたしましたが、テーブルウェア・フェスティバル2008が2月2日(土)~10日(日)まで東京ドームで行われます。
c0129404_23201083.jpg

テーブルウェア・フェスティバル2008http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

竹中麗湖はその中の「テーブルセッティングによる食空間提案」のブースに出展します。
他の方々は石坂浩二(俳優)、江上栄子(江上料理学院院長)、落合なお子(トータルライフコーディネーター)、クニエダヤスエ(テーブルコーディネーター)、黒柳徹子(女優)、高木康政(パティシエ)、田川啓二(ビーズ刺繍デザイナー)、田實碧(空間デザイナー)、西浦みどり(国際コンサルタント・評論家)、バーバラ寺岡(活力料理、菓子研究家)、ローラン・ボーニッシュ(フラワーアーティスト)(敬称略)。
各分野でご活躍の方々がそれぞれ「おもてなしの心」を表現します。
竹中麗湖は前回とはまた違ったコーディネートを提案しています。
家具は表参道ヒルズ内にある「HIDA」の家具を中心にコーディネートしています。
この家具はイタリア工業デザイン界の巨匠ENZO MARIと飛騨産業とのコラボレーションによって生まれました。飛騨の杉を使った家具となっています。
HIDAhttp://www.em-hida.jp/
また、KPMの食器を使う予定です。これはカー・ペー・エム ベルリン王立磁器製陶所の食器。シュロスグートはドイツの一流品だけをセレクトする最高級ブランドだそうです。
シュロスグートhttp://www.schloss-gut.com/
また、照明にルミナベッラのものを使います。
ルミナベッラhttp://www.luminabella.co.jp/
時計も鍛金作家の山口みちよさんによるもの。
その他に、床は竹材使います。こちらはいつも懇意にしていただいている竹大さん。サイトではたけじとなっていますが。。。
竹大http://www013.upp.so-net.ne.jp/takeji/index.html
また、壁も凝っています。漆喰を使っています。これはチーム・メチエが担当しています。
これらがどのように融合して新たな空間を作り出していくのか。楽しみにしていてください。

今回は、ステージの方も担当します。
2月7日(金)の16:00~17:00までステージにて、デモンストレーションを行います。
どなたでもご覧になれますので、ぜひ生で竹中麗湖のデモンストレーションをご覧ください。
会場内で竹中麗湖の本も販売します。
「THE WORKS 竹中麗湖 仕事と作品」(青幻舎)、「暮らしを彩る花をいける」(ブティック社)が会場内にあるたま書店に置かれます。
まずは見てから触れてから。。。どうぞ。

入場券の当日料金は2,000円になりますが、前売り券は1,700円なのでお早めにゲットしてください!
(小学生以下は無料ですが、大人の付き添いが必要です)
東京ドームの中では、お弁当も売っているので、一日中ゆっくりと楽しめますよ。

文 : 美梢

竹中麗湖&チーム・メチエ http://www.t-metier.com
[PR]
by t-metier | 2008-01-29 09:03 | イベント

元永定正展

現在、新宿高島屋で行われている元永定正展に行ってきました。
会場は10階にある美術画廊ですので、入場料はありません。かかっている絵などは全て商品ですが、もちろん見せていただけるし特に声を掛けてくる方もいらっしゃらないので、ゆっくりと落ち着いて見ていられます。
元永先生は抽象画ですが、とてもわかりやすく何より色が魅力的です。ポストカードを見ていただければわかるように、楽しさも伝わってくる作品でした。
1月22日(火)まで開催しています。
c0129404_1752245.jpg
c0129404_17524341.jpg

新宿高島屋http://www.takashimaya.co.jp/shinjuku/
文 : 美梢

竹中麗湖&チーム・メチエ http://www.t-metier.com
[PR]
by t-metier | 2008-01-15 17:54 | アート

香港の旅2007.11~その7

久しぶりに香港のお話です。

ホーさんの紹介で、午前中はチャンさんというアーティストのアトリエにお邪魔しました。
この方は多彩な方で、陶芸家なのですがあらゆるジャンルのものを作っておられます。
著作権の関係で作品をご紹介できないのがとても残念なくらい、たくさんの刺激をいただきました。
とても素敵な方で話していて(といっても英語の通訳付きですが)心の澄んだ方だということはすぐにわかりました。
竹中麗湖と内面で通じるところがあり、話しは多岐に渡りました。その中に伝統という言葉もたびたび出てきました。
私たちも伝統のあるいけばなに関わっています。彼女もとても伝統を大切にさせていました。
写真は竹中麗湖に用意してくださったプレゼントです。
c0129404_2151064.jpg

手早く、おしゃれなケースも作ってくださいました。
c0129404_21511856.jpg

c0129404_2151374.jpg

c0129404_215263.jpg

多いに刺激を受けて、また感銘を受けアトリエを後にしました。

午後は、何度も名前を出させていただいているホーさんの教室へ。
写真はホーさんが竹中麗湖のために迎え花として用意してくださった花です。
c0129404_21525163.jpg

その後、ホーさんは勉強のために竹中麗湖の指導を受けたいと花を活け始めました。
竹中麗湖は急に先生の顔つきになります。
アドバイスをホーさんも真剣に聞き、ひとつも聞き漏らさないぞという雰囲気が伝わってきます。
c0129404_21533363.jpg

その後も、彼の仕事の一環であるデモンストレーションのDVDを見せてくださいました。
動画なので、彼の動きや助手の動きがよくわかります。
竹中麗湖は、これを見て彼のデモンストレーションをするときの作品プランの組み立て方から
助手の動きなどに至るまで、細やかにアドバイスをしました。
ホーさんにとってはきっと何よりのプレゼントだったに違いありません。

文 : 美梢

竹中麗湖&チーム・メチエ http://www.t-metier.com
[PR]
by t-metier | 2008-01-14 21:57 | 旅行

お正月とは?

現在私は、赤坂にあるとらやの花を担当しています。ありがたいことです。
昨年暮れにお正月の花を活けて今も仲間の手を借りながら、せっせととらやに朝早く通っています。
今回お正月の花を活けるにあたって、正月とは?と考えました。
毎年1月1日にはお正月を何気なく迎えていましたが、では花を活けるにあたって詳しくは何も知らないことにハタと気づきました。
そこで、少しですが調べてみました。

お正月とは当たり前のことですが、1年の初めの月1月のことです。端月、嘉月ともいいいます。大陰暦の頃には睦月という異称ともかさなりましたが、現在の太陽暦では正月すなわち睦月とはいえません。また現在の感覚では3が日、長くてもせいぜい7日までですが、旧習では1ヶ月間がお正月でした。
そしてその1ヶ月の中のうちに特に大切な日にはそれぞれ呼称がありました。
すなわち大正月、七日正月、小正月、仏正月、二十日正月、晦日正月などです。
大正月は小正月と相対するもので、地方によって期日は異なるようですが、一般には元日から七日までをいいます。七日正月は松の内の終わりの日、この日に松飾をはずす地方が多いそうです。そして、七草をします。
小正月は十五日正月とも花正月とも女正月とも言われています。
女正月は大正月を男正月というのに対するもので、前日十四日の晩を女の年取りといって、その夕食を一切男が作るというところもあります。その日を16日から20日まで、また20日とするところもあります。
仏正月というのは年が明けて初めて墓参りに行く日で、16日もしくは20日を当てていました。
二十日正月はお正月もご馳走をすべてたいらげる日で骨正月とも団子正月ともいいいます。
そしてお正月の晦日の初三十日(はつみそか)、あるいは晦日正月といって、お正月中にすましきれなかった義理をかたづける日としているところもありました。
なおお正月は暦のうえでは初めの月ですが、歳時記では冬の最後の月になります。

参考資料 : いけばな総合大事典(主婦の友社)

今でも7日には松飾をはずしたり、七草粥を食べたりという風習は残っています。
実際今年も7日の日に街のあちこちで松飾をはずしている姿を多く見かけました。

また、お正月に入れる松や竹、花などにも意味があって入れられています。
このことについてはまた、あらためて。。。ということで。
c0129404_2385621.jpg


とらやは先日、小正月の飾りに変えました。餅花を入れました。

文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエ http://www.t-metier.com
[PR]
by t-metier | 2008-01-08 23:12 | 歳時記

東京ミッドタウン

東京ミッドタウンは、1月2日から新年の営業をしているようですが、そこでも竹中麗湖のディスプレイが楽しめます。
オープン時からあります地下一階にある地下鉄からの連絡通路50mウィンドウの竹のディスプレイがお正月バージョンになっております。2日からはバーゲンも始まっているので、どちらがついでになるかはさて置き、ぜひご覧ください。
c0129404_17461129.jpg


文 : 美梢

東京ミッドタウンhttp://www.tokyo-midtown.com/jp/index.html
竹中麗湖&チーム・メチエ http://www.t-metier.com
[PR]
by t-metier | 2008-01-03 17:47 | ディスプレイ
あけましておめでとうございます。
今年も、竹中麗湖&チーム・メチエをよろしくお願いいたします。

早速ですが、ニューオータニのディスプレイで私たちのお正月をご紹介!
毎年、ニューオータニのお正月ディスプレイをさせていただいており、たくさんの方々に楽しみにしていただいております。
毎年、お正月はニューオータニで!という方も多くいらっしゃるようで(うらやましい限りです)。
私たちにとっては、ニューオータニの仕事が仕事収めになることが多く、暮れの行事になっています。
ホテルにいらっしゃる方々に日本のお正月を感じていただきたい。優雅な時間を感じてほしい。
そんな気持ちでディプレイしております。
主役はもちろんホテルにいらした方々。ディスプレイはそんな方々のサポート役としてお役に立てれば、と思っております(竹中麗湖の言葉の中から)。
c0129404_2126578.jpg

c0129404_21303555.jpg


では、今年も皆様から力をいただきながら、
また一年間楽しみながらがんばっていきます。
よろしくお願いいたします。

文 : 美梢

ホテルニューオータニhttp://www.newotani.co.jp/tokyo/
竹中麗湖&チーム・メチエ http://www.t-metier.com
[PR]
by t-metier | 2008-01-01 21:32 | ディスプレイ