チーム・メチエがいろんなことを書き綴ります


by t-metier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

つるうめもどき

先日、ニューオータニ2階正面玄関にて、竹中麗湖の作品が飾ら
れました。メインの花材は、つるうめもどきと菊!
このつるうめもどきは、秋に朱色の実がたくさんつく姿が、
うめもどきを思わせることからこの名になったとか。
まず黄緑色の実をつけて、熟すとぱーんとはじけて中からこの朱色
の実が顔を出す様は、景色が一変して、実り豊かな秋の彩りとなり、
華やぎがまします。
麗湖先生、このつるうめもどきの線の美しさを見ながら、
効果的に素早く、いけはじめました。
私たちスタッフは、このつるうめもどきを一本一本分けていくのに、
オタオタ~なんせ絡まりながら、束ねられたまま運ばれてきた
つるうめもどき!
十二分に絡まっております。
そして、つるうめもどきは、一つとして、同じモノはなく、
赤い実がぎっしり付いているモノ・つるのラインの美しいモノ・
これからはじけるモノ・・・・一本一本個性豊かな集まりなのですね。
麗湖先生、右に左にと空間を大きくとりながら、
今日出会った植物の個性を惹きだしています。
その瞬時の判断で、構成されていく姿が、いけばなの一つの醍醐味でしょう。
最後に菊を低く、少しマッスにして。
c0129404_1525338.jpg

11月末まで飾っております。どうそご覧ください!
文 : S.O.
竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

[PR]
by t-metier | 2007-10-29 15:04 | ディスプレイ

現代茶の湯の道具展Ⅲ

c0129404_1449376.jpg

現在、六本木にあるギャラリーle bainで行われています「現代茶の湯の道具展Ⅲ」に行ってきました。
これは、前にご紹介した和楽な露地3人展のうちのお一人である内田繁さんの茶室が展示されています。
そのほかにも書、陶芸、ガラスなど展示してありますが、とても素敵なものばかり。じっくり見せていただきました。
3人展のときは全体がとても格調高く、茶室も背筋が伸びるような感じで拝見させていただきましたが、今回は場所の雰囲気もあり、とても気軽な感じで茶室の中もじっくり見られるようになっていて、茶室を身近なものに感じさせてくれます。
現在は2点の茶室が展示されていましたが、29日からは別の1点が展示予定だそうで楽しみです。
c0129404_14491982.jpg

また、広島にも巡回展として伺うそうなので、お近くの方は楽しみになさっては?
文 : 美梢
c0129404_14473542.jpg

竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com
[PR]
by t-metier | 2007-10-22 14:50 | アート

写真花

9月28日(金)の教室にて、写真花が行われました。
希望者のみですが、毎年行われる行事のようなものです。
カメラマンはいつもお世話になっている関谷幸三さん。
朝9時半頃から教室の中にスタジオを作り始めます。
いつもの教室と同じようにまず、花を生けます。いつもと違うのは花器が主に先日行われたガラス花器制作に行く(第4回)で作った各自のオリジナルガラス花器を使っていることでしょうか。
それぞれ持ち込んだ花器に活けて先生にまずチェックしてもらいます。その後、活けた花をスタジオの台に置いて写真を撮ってもらいます。といっても1つ撮るのも大変です。葉の重なり具合とか光や影のつけ方とかいろいろチェックします。バックの色も何種類も持って来てくださっていますが、同じ色でも光や影のつけ方によってまったく違った感じになります。
これを20作以上撮っていただきました。
また、これが各自のポストカードになり(全部ではないですが)、11月下旬か12月の頭位に手元に届きます。
いずれ、少しずつですがこのときに撮った写真をご紹介できればと思っています。
文 : 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

[PR]
by t-metier | 2007-10-18 23:24 | チーム・メチエ

MELTING POINT

10月14日(日)まで東京オペラシティアートギャラリーで行われているMELTING POINTを見に行ってきました。
これは、ジム・ランビー、渋谷清道、エルネスト・ネトの3人展です。
ジム・ランビーは床一面に金、銀、白、黒のビニールテープを張っていて印象的でした。
作品のほとんどが身近なもので作られているアートなので、アートを身近に感じることが出来ます。
渋谷清道は白の世界です。作品に入っていくために靴を脱ぐのですが、床が白のカーペットがしかれているので納得です。場所によっては見落としてしまいそうな作品がちりばめられています。
エルネスト・ネトは空間全部をひとつの作品で表現していました。個人的には一番好きな作品でした。作品を通らないと出口にいけないのですが、そのためには作品の下を身をかがめて通っていかなければなりません。所々穴が開いていてここに頭を突っ込んで背筋を伸ばします。
なんとも楽しい作品でした。
c0129404_2110998.jpg

c0129404_211025100.jpg

c0129404_21104134.jpg

文: 美梢
竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

[PR]
by t-metier | 2007-10-08 21:11 | アート