チーム・メチエがいろんなことを書き綴ります


by t-metier
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:Fun Fun Talk( 2 )

Mitsushi TAKESHITA
1965年京都府京都市に生まれ。武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。
北アルプス北穂高小屋での仕事を機に絵画制作をやめ山岳写真にのめり込む。本格的に槍ヶ岳・穂高連峰を被写体に撮影を開始。その無機質な岩稜風景に日常や季節を越えた悠久の時間を感じ、撮影のテーマとする。2003年(財)草月会を退社、フリーに。現在、カメラ雑誌・アウトドア誌などに、写真や記事を提供中。京都市在住。日本山岳写真集団同人。


今回は、写真家の竹下光士さんにお話を伺いました。
竹下さんは、『天の刻(てんのとき)』(1998)、『ZEUS 神々の遊ぶ地』(1996)(いずれも青菁社)という2冊の作品集を出されていて、いずれも3,000メートル級の日本の山々に立ち、わたしたちにはなかなか触れることのできない世界をおさめられました。
最近になって竹下さんから近況をお知らせいただく一通のお手紙を頂戴しましたので、ぜひお目にかかり、いまの時代の流れの中で表現に携わるものとしてのお考えをおうかがいしたいと連絡をとってみました。

c0129404_24298.jpg


c0129404_22179.jpg


青菁社http://web.kyoto-inet.or.jp/org/s-s-s/

竹中○今は何を撮ってらっしゃるのですか?
竹下●紀伊半島の熊野を撮影しています。
竹中○以前から熊野詣でにぎわっていたかと思いますが、世界遺産にな ると、またいっそう人が来ますでしょう。
竹下●そうですね、最初の頃は結構来ていましたけど、今は少し落ち着 いた感じがします。
竹中○熊野ときくと、「聖地」とか「霊場」という言葉と重なって、誰 も踏み入れられない場所というある種の威圧感のようなものを発する場 をイメージしてしまうのですが。
竹下●たしかにそういう側面もありますが、コンビニもありますし、深夜まで開いてるスーパーもあって生活するには不便はないですよ(笑)。
竹中○その熊野では世界遺産とか熊野古道の自然とかを撮っているのですか?
竹下●いえ、そういう観点ではなくて、僕は熊野をこの千年くらいの間で形成された、巨大なインスタレーションと捉えているんです。つまり住んでいる人と、そこを目指す人、そして自然とが作るインスタレーションだと。住んでいる人もいるし参詣に来る人もいる、人の手が加わって残されていったりとか、あるものは整備されていったり。なにかそういう熊野という地場がもつ気配というか……。それを撮りたいなと思っているんです。しかし、全体を鳥みたいに見渡せるわけじゃないですから、部分部分を拾いながらつないでいくという作業を通して表現に結びつけていきたいと思っているんです。
竹中○じつは今、私もすごく迷っているんです。それは、自然との対話とか環境問題とかが声高に叫ばれている時代に、「いけばな」はどういうところに向かっていけばいいかということなんです。つまり社会との接点をどうもつかという。これまでは、植物は人間が表現の素材として神様が許してくれたものだという解釈で許されてきた。ところがいつのまにか、植物に対する畏敬の念を忘れて、人工的に手を加えてそして何かいじくりまわすというか、表現のために夢中になってしまう自分にふと気づくことがありました。いまはそういう呪縛から解けて、仲間とのびのびと楽しんでいますけど、やはり「いけばな」を生業としている私としては、「自分はどうしたいのか」、「自分はこれでいいのか……」という自問自答のもとに、素材を思いっきり使うことがためらわれるみたいなところがあったんです。もし自分にいっぱい自然のものが手に入ったとしても、静かにそっともとあった場所に置くだけのほうが実はいちばんいいのかなと思ったりもしました……。そういう心境から、一回使ったものを、もう一度再現できるような方法でまた新たな美しさを表現できないかとか、自然の恩恵という素材と戯れることによって、私たちの内面に訴えかけるような表現をしていこうというふうに、あるところで私の内面は変わってきた。
竹下●そうですね。たぶん、「畏怖畏敬の念」というのは自然から学ぶことだと思うんですよ。自然に生かされているという思想とか、自分が命をつないでいけているのはなにがどう関係しているのか、ということを学ぶのは竹中さんがいまおっしゃったようなことをくぐり抜けないと身につかないのでしょうね。
竹中○いま使っている植物はほとんどが、生産されたものーー温室で育てているとか、人工で栽培しているーー、つまり一方で、生産者がいて私たちは消費者なのだからいいのだ、という納得のさせ方ではなくて、変わっていかざるをえないということがあると思うんです。そこをどう表現にあるいはメチエとしての活動に結びつけていくかということが最大のテーマなんです。
竹下●そうですよね。たとえば満開の桜を撮ったり、雪景色を撮って発表すると、それを観た人は「あー、きれいだ、自然はあいかわらず大丈夫なんだ」と思われる。ところが実際は、桜の咲く時期が以前とは全然違っていたり、かつての感覚で撮りに行っても雪がない、なんていうことがあるんです。それは撮ったものとして、そう思われるのはまずいだろうという、思いはあります。だからと言って、何も撮らないというのも、やはりそれはまずいだろうと。どういう方法で今の自然を、ーー環境破壊を訴えかける映画や本のように、危険だよ駄目なんだということばかりを前面に出すのではなくてーー表現するもっと方法が、いわゆるアーティストと呼ばれる人たちに託された手法があるのではないかと。それを探していきたいと思うんです。それは、同様に花を使って、生きているものに作家が手を加えて訴えることも有益ではないかと思うんです。
竹中○それに対する姿勢はちゃんと持っていなければならないということですね。
竹下●そうですね。僕は熊野を撮るなかで昔の人は自然をどう見てたのかなと考えることがあるんです。昔の人はきれいだなって見ていたのかなって。先の畏怖畏敬の念ではないけれど、もう精神論だけでは片付かない時期まで来ていると思うんですよ。でもやはり精神論がないと駄目だと思うんです。だからその辺はあきらめずに、危ない危ないとばかり言ってても精神論は育たないんで、やはり何かものを作る人、そういう人たちが担えれば、担うべきなのかなという気がするんです。
竹中○そうですね。言い換えれば、それは使命ですね、人間が生きていくための使命ですね。

竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

[PR]
by t-metier | 2007-11-23 21:23 | Fun Fun Talk
  
私(竹中麗湖)が仕事の周辺の人たちと語らうページです。ふだん、仕事ではよく顔を合わせていても、お互いに意外と知らないことって結構あるもの。いろいろなお話しを伺わせていただきながらより理解を深め、新しい発見、新しい発想に結びつけばまた楽しみが広がります。

第1回のお相手は、上越クリスタル硝子に所属のガラス作家・室伸一さん。
2007年7月11日から24日まで、日本橋高島屋美術工芸サロンで個展を開催中の室さんを会場にたずね、お話しを伺いました。
室さんは1949年、福岡県飯塚市のお生まれです。金沢美術工芸大学で彫金を学んでいましたが、いざ就職となったときにガラス工芸の道を目指され、あまたあるガラス制作会社のなかから、「東京には住めないな」と上越クリスタル硝子に進まれました。
c0129404_1438036.jpg


まずはデッサンから

「制作はかならずデッサンから入ります。デッサンを前に職人とこれを作るんだと決めておいて取りかかります。もちろん人手がありませんので、職人と一緒になって、必然的に共同作業ですね。そのなかで、ああしたい、こうしたいと…。お互いに切磋琢磨じゃないですけど技術的に難しいことだったとしても、言ったからにはらやってみようと」

ガラスは作っている最中は流動体なので、グニャグニャと形が変わる。しかもその熱した状態で作り上げていかなければならないので、瞬時の判断も要求される。そうした厳しい現場での空気を少しも感じさせることのない室さんの作品。ふわふわと雲が浮かび、山の向こうには虹が出ていたり、川が流れていたりと物語性がある。植物の芽や妖精、山や虹などなど。我が家にも室さんの作品が飾ってあるが、たいていお客さんがみえるとその作品を巡って話に花が咲く。個展会場にも故郷・飯塚時代の友人たちが大勢お見えになるとのこと。

「自分も風景を見ながらいろんなことを考えるわけで、僕の作品を見てくれた人が、その人なりに心の中に物語がつくられれば、うれしいですね。飯塚時代の友人たちからは、山のかたちを見て「ボタ山だ」(笑)とかいわれますけど。それがまた楽しい」

室さんにはじめてお会いし、その人となりに触れたときに感じたのは、「作品とまったく同じイメージ」でした。人はものをつくるけど、ものも人をつくるというのはあるんだな、と実感したというか(笑)。つまり、すごく素朴に自分の内面を出していらっしゃる。そこには何の衒いもなければ、気取りもない。素直ということばぴったりくる。

「うちは、本家が農家なんです。温床栽培といって、自然の旬の時期と少しずらして野菜とかを出荷すると少し値がつくでしょう(笑)。その手伝いを子どもの時分からしていたので、植物の芽は小さいときからみてました。絵も得意でしたので、よく描いたりもしましたよ」

今回の個展では、その芽をモチーフにしたガラスのオブジェを買わせていただいた。誤解を恐れずに言うと、私が室さんの作品にひかれるのは、生活して行くにはなくてもよい無駄ということかもしれない。「無駄」というのはすなわち「余裕」。生活の中に余裕がなければ、魅力がなくなる。私などはその余裕を生むために努力している感じだが、室さんという人は、その余裕を自然に合わせ持っている感じがする。だから、人物も作品も、その存在が私をなごませてくれる。本当は花をいけるためのものではない室作品に、私は花を一生懸命いける。いけたくなる。それは私の世界の一部に室さんが参加しているという言い方が近いかもしれない。

「一番最初に芽の作品を作ったとき、知り合いのおばさんから、『伸ちゃんは、それで芽を作品にしようと考えたんだね』(笑)と。まあ、モチーフについてはそうした自分なりの原風景とかが関連しているのかもしれないですけど、大きな意味での制作上のテーマとしては、ご指摘のように役に立たないというか、人間が作ったこのガラスという素材の可能性をもっと広げるための世界を繰り広げていきたいと思っています。色とその透明性などの特長を生かして、立体的な絵というとおかしいですが。なにかそういうものを目指しています。ガラスの機能的な面を生かしたものは、作っている人もいますし、存在もしていますので。」

それにしても、普段は上越クリスタル硝子の社員としての仕事をこなしながら、こうした一つの世界をつくりあげた室さんは素晴らしいと感心する。誰にもない世界、誰が見ても「あ、室さんの作品だ」とわかるものを作り上げたのだから。「これしかできないから」といって照れながら謙遜するが、やはり作品を発想し発信するからにはまず自分の世界をつくりあげることが大切だと思う。それは簡単そうで、実は難しいことなのだ。

「基本的にはサラリーマンですから、毎日仕事が終わってから自分の創作をするという日々でした。でも上越の工房にはいい先輩がいて、いろいろなことを教わりましたし、作家の先生方もよくみえたので、すごく勉強になりました。
若い頃はいろんなことをやりたいから、あれもこれもと手を出したくなるんですけど、なるべく同じテーマを続けようとやってきました。でも、こうしたいと思ったことができるようになってきたのは最近ですよ。たとえば雲をここに入れたいっていっても、制作段階ではどこにどう入れたらいいかわからないですよ。それが徐々に慣れてきて、わかってくる。だからいろいろなことを職人さんたちと互いに切磋琢磨しながら、難しいことをやってみようと思うんです。」

職人さんと自分との気力、意欲とか呼吸の調和が大切な世界。厳しさもあるだろうが、きっと職人さんたちも楽しいと思う。この個展のために3カ月間休んでいないって言いいながら、この柔和な顔つきですから。そんな室さんには自然に囲まれながら創作活動を行う姿こそがよく似合う。

「そうですね。若い職人さんたちは、こんなのができるんだとうれしそうにしてくれます。作品を介してお客さんとも話がつきないこともありますし。
いま住んでいるところはなにもないですよ。目の前がケヤキの林で、キジが飛んでて……、最近はあまりしてませんけど魚釣りもしたし、山登りもしたし、キノコ採りもよくしてました。まあいまでいう、スローライフですね」

こうしてお話しを伺っているあいだにもお客さんが次々に来場し、ゆっくりと作品を巡りながらときどきほほえんだりもしている。
「ここにいるとお客さんの反応がじかに見られるでしょう。それが何よりもうれしいんです」と、笑顔の奥に暖かなまなざしをのぞかせた。 (2007.7.13日本橋高島屋にて)
(文、写真について許可を得て掲載しています)

c0129404_14382243.jpg

上越クリスタルwww.vidro-park.jp
竹中麗湖&チーム・メチエ www.t-metier.com

[PR]
by t-metier | 2007-08-19 14:51 | Fun Fun Talk